最大の宝物



[PR]
# by fusaki-2012 | 2016-12-01 20:04 | Comments(2)
芯の強さ



国士舘大学3年の時、社会人野球への道が決まっていた


にもかかわらず、


自分の夢を叶えるために 勇気をもって第一歩を踏み出した。


(プロの世界に行きたい) と....



そして、中尾スカウトマンが彼にタテジマを着せてくれた



ドラフト6位からの下剋上
e0257441_19543093.jpg


2014年

甲子園のマウンドで 左腕・岩崎 優が投げていた




また 見つけた... わたし




プロ一年目からチャンスを掴みとった


岩崎投手の先発の日が

私には楽しみになった




あれから3年

先発として 通算11勝をあげたけど

ほんとうはもっと白星を掴めたはず

先発として試合を作る投手だから


けど、投打がかみ合わず  3年通算11勝は

彼にとっても、手放しで喜べる成績ではないはずだ




2016年のシーズンの終わりに

リリーフというポジションが与えられた

突然の出来事に戸惑ったけど


金本監督にとってそれは 思わぬ収穫であったみたいだ




ここからまた岩崎 優の新たなるスタートだ


彼の優しい眼差しの奥にある 芯の強さが

      わたしは好き



穏やかな人であるだろうけど

投げるということに対しては 気が強い

けっこう我が 強いのだと思う


いやだと思うことは絶対しない子だったとお母様が言ってたそうだ


流されることなく

己の信じた道を進む岩崎投手が わたしは大好き



いつぞやは、岩貞投手との対談で (ライバル意識)バッチバチですと

言った彼のジョークの中にある本音を見た気がした



岩崎 優  血液型はB型らしい^^

いっしょで嬉し♪


2016年11月28日 3回目の契約更改も終わった


とにかくこいつが出てきたら
試合を諦めさせられるくらいのピッチャーになれたらいいと思います。

1年間、ここ3年は投げ切ることが出来なかったので、
まずシーズンスタートからシーズンが終わるまで一軍にいて
試合で投げまくるというか、それが目標です。




そうです。

私はそれを望んでいます。




目の前にある階段を

着実に

一歩ずつ

上っていってください

いつの日か

上る階段がなくなる日まで....


私は背番号67を これからもずっと見上げていきたいです





4年目のシーズンはもっともっと多くの期待を背に受けて


ガンバレ  岩崎 優



できましたら、登場曲をあれに♪♪変えて下さいませんか?^^





追伸

来世では

是非

私の息子に産まれてきてください^^/
e0257441_19545881.png

[PR]
# by fusaki-2012 | 2016-11-30 20:02 | Comments(2)
岩崎 優・契約更改の日に思う

2016年11月28日

Tigersの左腕・岩崎 優が契約更改した


「すごく期待してもらっていると思うので期待に応えるのが男じゃないかなと思う。
短いイニングなので、どんどん、自分の自信のある球を投げ込めていけたらいい。

コイツが出てきたら試合をあきらめさせられるくらいの投手になりたい」

e0257441_2339178.png





私はかなり、視野の狭い人間です。

なのでこれまでの長い人生において

出会わなかった

見つけなかった 

そんなこんながたくさんあるのだと思います。




だけど

その代り

出会えた

見つけた

そんなこんなを すごく大切に思うことが出来ます。


出会わなかった

見つけなかった そんなこんなは私には縁がなかったのだと

そう思います。



出会えた

見つけた

そんなこんなに感謝して

自分が納得いくまで 大切にしたいと思います。



出会えた

見つけた

そんなこんなは 私の人生の宝物だと思います。



下柳 剛という左腕が、甲子園のマウンドから去り

2年間は空虚な気持がぬぐえなかったけど


2014年にそのマウンドで、また見つけた左腕・岩崎 優




2017年のシーズンは

岩崎 優にとって プロ野球人生の輝かしい一ページになりますよう

願ってやみません。





頑張れ  岩崎 優


その左手から繰り出される あのストレートの威力を

144試合の中で

たくさん

たくさん 魅せて下さいます事を期待しています。




私は どんな日も 岩崎 優を応援することを誓います。
e0257441_19415100.jpg




[PR]
# by fusaki-2012 | 2016-11-28 19:06 | Comments(4)
遠い記憶のその先に...

いつだったか、和田さんのBlogで 見つけた一章


” 昔、少年野球をやってた頃…

イニングの始めにキャッチャーが前に出て、

マスクを頭の上にチョンと乗せ、

大きく両手を上(広)げて大声で叫んだ…

 「しまっていこうぜ~!」 ”







昔 私が 野球部を観ていた頃・・・


練習の最後は


キャッチャーが大きく両手を広げて声をだした


  『 はい・ラストォ~! 』


そして 外野から 内野から部員達がホームベースへ


             戻ってくる





私の 野球との出逢いは・・・

そっ

ここからだった・・・
e0257441_21474077.jpg

いつのまに
こんなに時が経ってしまったんだろ^^;
[PR]
# by fusaki-2012 | 2016-11-24 21:49 | Comments(2)
鮮明に残る03’  厳しい現実


引退はカネ自身が決めたこと。
だから僕は心からの拍手でアイツをねぎらいたい。
偉大な功績の数々を称えたい。
そして感謝の気持ちを伝えたい。

でも、寂しいのです。
あのタテジマの日々はもう二度と戻らない。
分かってました。
でも、そのことが現実となって目の前に現れた今、僕は
どうしようもなく、寂しいのです。

しっかり体をケアして欲しい。
そしてしばらくゆっくり休んで欲しい。
今までできなかった家族孝行をして欲しい。
大好きな子供とたくさん遊んで欲しい。
以前に甲子園のクラブハウスに連れてきたことがありました。
女の子です。
可愛くてしょうがない、そんな風情でした。

(あっちに大きなお風呂があるよ。おじさんと一緒に入ろうよ)

冗談で言ったら、カネに怒られました。

『こらっ!!』

今では僕にも娘がいます。確かに・・・それが男親です。

『おいシモ、うちの娘が(ラガーと遊びたい)って言うんや。
今から行ってえぇか?』

うちの犬です。
何度か遊びに来たことがあります。
そういえばラガーもカネのことが大好きです。
ラガーも何度かロッカールームに連れて行ったことがあった。
部屋に入って僕のロッカーの方へ・・・
でも、いつも必ず途中で立ち止まるんです。
カネのロッカーの前です。
カネはいない。
でも、分かるんです。
その場所にいつもカネがいることが分かる。
しばらく伏せたまま動かない。
シッポを振ってカネを探そうとする。
でも、カネはいない。
そしてそのことが分かると、何とも言えない表情でこっちを見るんです。
寂しそうな表情です。悲しそうな表情です。
今になって思う。あの時、きっとアイツは今の俺と同じような気持だったんだ、と・・・



カネ。ありがとう
ゆっくり歩いて


  下柳 剛


         デイリースポーツより転記




じーや様

金本さんとシモさんの絆も深いって・・しってますとも


e0257441_22374068.jpg

[PR]
# by fusaki-2012 | 2016-11-21 22:37 | Comments(2)
鮮明に残る03’ 投げんなよ


ここには書き切れないぐらいの思い出がある。
でも、やっぱりあの瞬間の記憶はより鮮明に残っています。
03年のビールかけ。
お互い一度も優勝を経験したことがなかった。
2人で向かい合って、互いの頭にビールをかけた。

(この日のために頑張ったんや。俺らこれをやりたかったんやな)

あのビールかけから暫くして、チームが連敗しました。
優勝ボケもあって情けない試合が続いた。
そしたらミーティングで、星野監督のカミナリが落ちた。

≪優勝なんかいらんわ!!≫

すごい剣幕でした。
みんな下を向いた。
その時、何げなく隣のカネを見ると、アイツもこっちを見ていた。
何だろう・・・
そしたら誰にも聞こえないようなヒソヒソ声で、カネが言うんです。

『いるよな?』

(うん、いるいる)

ミーティングが終わるまで、2人で笑いをかみ殺してました。

カネの笑顔をたくさん見た。
でも、それと同じ数だけ、いやそれ以上に、アイツの苦しむ姿もたくさん見ました。
2010年に肩を故障した時、いくらカネでも
もう戻って来れないんじゃないかと思ってました。
投手だからなおさら分かる。肩が痛いのだけはどうにもならない。
でも、アイツはあきらめなかった。懸命のリハビリ。
針、気功・・・藁にもすがる思いだったのでしょう。
いいものがあると聞けば何でも試していた。
それでも腕が上がらない。当然です。
肩の筋肉が切れてるんだから上がるわけがない。
そんな体で、アイツはまだ投げようとする。

(男気出して投げんなよ)

先発の日はいつもカネに言ってました。
投げられなくてもいい。カネにはそれを補う打撃力と存在感がある。
でも、アイツは投げようとした。
左のグラブで右腕を無理やり持ち上げてまで投げようとしていた。
マウンドから見たあの時のカネの姿が、今でも目の奥に焼き付いて離れません。

いろんな思い出がある。
それは苦しい思い出ばかりじゃない。
たくさん笑ったし、たくさん喜んだ。
なのに今、そのすべてに泣けてしまう。

引退発表の翌日、ブログを更新しようとしたら、
途中で涙が止まらなくなって画面が見えなくなった。

カネありがとう。
今まで本当にありがとう・・・byシモ

e0257441_2234298.jpg

 
[PR]
# by fusaki-2012 | 2016-11-21 22:34